PR

ニュース 国際

米国務長官「一国一制度」と批判 香港の優遇措置ほぼ全廃表明

ポンペオ米国務長官(ロイター)
ポンペオ米国務長官(ロイター)

 【ワシントン=黒瀬悦成】ポンペオ米国務長官は6月30日、中国政府による「香港国家安全維持法」施行を受けて声明を発表した。ポンペオ氏は「中国共産党体制は香港の繁栄の基盤を骨抜きにし、一国二制度を一国一制度に変貌させた」と非難した上で、「トランプ大統領の指示に基づき、香港に特別に与えてきた措置を一部の例外を除き廃止する」と言明した。

 ポンペオ氏は「今日は、香港および自由を愛する中国各地の人たちにとって悲しむべき日として記憶されるだろう」と指摘。「米国は香港が中国の権威主義体制に飲み込まれていくのを座視しない。米国は今後も自由を愛する香港の人たちを支持し、言論や報道、集会の自由、法の支配に対する中国の攻撃に立ち向かっていく」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ