PR

ニュース 国際

中国外務省「主権への重大な挑発」 尖閣の字名変更で日本に申し入れ

中国外務省の趙立堅報道官=北京(共同)
中国外務省の趙立堅報道官=北京(共同)

 【北京=西見由章】中国外務省の趙立堅(ちょう・りつけん)報道官は22日の記者会見で、沖縄県石垣市議会が尖閣諸島の住所地(字名)を「登野城尖閣」に変更する議案を可決したことに対して「中国の領土主権への重大な挑発であり、違法であり無効だ」と反発した。

 趙氏は、中国側が外交ルートを通じて日本側に「厳正な申し入れ」を行ったことを明らかにし、「さらなる対応を行う権利を留保する」と述べた。「釣魚島とその付属島嶼(とうしょ)=尖閣諸島の中国側名称=は中国固有の領土であり、中国側が領土主権を守る決意は揺るぎない」とした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ