PR

ニュース 国際

中国、カナダ人2人起訴 ファーウェイ幹部審理継続への報復か

 【北京=西見由章】中国の検察当局は19日、国家秘密を探った罪などでカナダ国籍の男性2人を起訴した。2人は2018年12月にカナダ当局が中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)副会長兼最高財務責任者(CFO)の孟晩舟(もう・ばんしゅう)被告=保釈中=を逮捕した直後に中国当局が拘束し、孟氏の釈放に向けてカナダに圧力をかける“人質外交”を展開していた。

 カナダの裁判所は5月、「罪にあたらない」とする孟氏側の主張を退けて審理を継続する決定を下しており、今回の中国当局の判断は報復措置とみられる。

 北京の検察当局は、外国のために国家秘密・情報を探った罪で元外交官のマイケル・コブリグ氏を起訴。遼寧省の検察当局は外国のために国家秘密を探り、違法に提供した罪で企業家のマイケル・スパバ氏を起訴した。中国外務省の趙立堅報道官は19日、「情状は特に重大で証拠も確かだ」と述べたが、起訴事実の内容は明らかにしなかった。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ