PR

ニュース 国際

米、イージス停止受け日本と協議 高官「密接に連携」

 米国防総省ミサイル防衛局のヒル局長は18日、日本による地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画停止について、計画撤回ではないとの認識を示した上で「懸念や問題を解消するため、日本と密接に連携している」と述べ、日本側と協議していることを明らかにした。国防関連のオンラインイベントで発言した。

 ヒル氏は協議の内容や停止決定への評価には言及しなかった。計画停止による抑止力への影響については「米軍は全ての探知能力や兵器を活用する。選択肢は他にもある」と述べ、日米で対応を進める考えを示した。

 ロイター通信によると、ヘルビー国防次官補代行(インド太平洋安全保障担当)は記者団に対し「どのような懸念があるか理解し、協力を前進させるため、日本と技術的な議論を行っている」と説明。北朝鮮について「依然として著しい脅威を地域にもたらしており、引き続き警戒が必要だ」と語った。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ