PR

ニュース 国際

北、非武装地帯の監視所に兵投入か 米偵察機も挑発警戒

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮が17日午後に韓国との軍事境界線沿いの非武装地帯(DMZ)にある監視所に兵士を投入する動きが捉えられたと、聯合ニュースなどが18日、韓国政府筋の話として報じた。北朝鮮の朝鮮人民軍は17日、韓国に近い開城(ケソン)や金剛山(クムガンサン)への部隊展開とともに、前線の警戒レベルを最高に引き上げる方針を発表しており、これらの準備の可能性がある。

 朝鮮人民軍は、韓国の脱北者による体制批判ビラの散布への報復として、南北軍事合意で一部が撤去されたDMZの監視所の復活や、前線での軍事訓練再開方針も示している。韓国軍は警戒を強めているが、朝鮮人民軍部隊に大きな動きは見られないという。

 DMZには北朝鮮側が約150、韓国側が約80カ所の監視所を設置している。北朝鮮側には兵員のいない小規模監視所も多く、こうした監視所に兵員が配置された可能性がある。米軍の偵察機の韓国首都圏などへの飛来が17、18両日に確認されており、米軍も北朝鮮の軍事的挑発に備えて監視を強めているもようだ。

 韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防相は18日、ソウルでの行事で「北が軍事的挑発を強行するなら、軍はためらわず強力に対応する」と強調した。

 北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は18日、北朝鮮による開城の南北共同連絡事務所の爆破について「始まりに過ぎない」と主張し、さらなる報復措置をちらつかせた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ