PR

ニュース 国際

「気持ちの整理つかない」 横田滋さん死去、家族が談話

家族旅行の列車内で父の横田滋さんや双子の弟たちとはしゃぐめぐみさん(左から2人目)=昭和47年ごろ、広島県内
家族旅行の列車内で父の横田滋さんや双子の弟たちとはしゃぐめぐみさん(左から2人目)=昭和47年ごろ、広島県内

 北朝鮮に拉致された横田めぐみさん(55)=拉致当時(13)=の父、横田滋さんが5日に87歳で亡くなったことを受け、妻の早紀江さん(84)ら家族が談話を公表した。全文は以下の通り。

 先日から入院していた夫の横田滋が本日(令和2年6月5日)午後2時57分、老衰のため息を引き取りました。

 これまで安倍総理大臣をはじめ多くの方々に励ましやご支援をいただきながら、北朝鮮に拉致されためぐみを取り戻すために、主人と二人で頑張ってきましたが、主人はめぐみに会えることなく力尽き、今は気持ちの整理がつかない状態です。

 報道関係者の皆様におかれましては、主人との最後の時間を大切に過ごし、心安らかに見送ることができますよう自宅及びその周辺・葬儀会場及びその周辺における取材や写真撮影はご遠慮いただきますようお願い申し上げます。お電話での取材もご遠慮願います。

 葬儀等終了後に、改めてご報告の機会を設けたいと存じますので、それまでは何卒、私共の心情をお察しいただき、御配慮のほど宜しくお願い申し上げます。

 令和2年6月5日

 横田早紀江

 横田拓也、哲也

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ