PR

ニュース 国際

NY、経済再開へ懸念広がる デモ被害店舗が続出

2日午前、米ニューヨーク中心部の店舗では、窓ガラスが割られたため、ウィンドーを板で覆う工事が行われていた(上塚真由撮影)
2日午前、米ニューヨーク中心部の店舗では、窓ガラスが割られたため、ウィンドーを板で覆う工事が行われていた(上塚真由撮影)

 【ニューヨーク=上塚真由】新型コロナウイルス感染拡大のピークを過ぎた米東部ニューヨーク市では、白人警官による黒人男性死亡事件を受けた暴動で破壊される店舗が続出し、8日からの経済再開計画に影響が出る懸念が高まっている。抗議デモでは人々が密集する状況が生まれていることから、感染の再拡大も危惧されている。

老舗の百貨店も標的

 ニューヨーク市内では1日夜から2日朝にかけて店舗の破壊や略奪行為が相次ぎ、市当局は約700人の暴徒を逮捕した。中心部にある老舗百貨店「メイシーズ」も標的となり、2日午前にはショーウインドーの修理などの工事が各所で行われた。

 市内で宝石店を40年以上営む男性店主(70)は窓ガラスを割られ、「店の再開が遠のいた。こんな状況では店をやってられない。危険すぎる」と途方にくれた。

 同市の新型コロナウイルスの新規感染者数は、4月上旬のピーク時と比べて、10分の1程度に減少。5月末に、6月8日から第1段階として建設業や製造業のほか、小売店の店頭での受け取り販売などの営業許可を発表したばかりだった。

 デブラシオ市長は2日の記者会見で「6月8日から再開する」と方針変更を否定したが、店舗側は破壊対策に追われている。

 大手も被害を受け、対応を迫られた。アップルストアは一部の州で再開していたが、「従業員の安全を守る」ために店舗の閉鎖を決定。スポーツ用品大手のアディダスも当面、全店舗を閉鎖すると発表した。

デモで密集、感染再拡大の懸念

 市内では連日、さまざまな人種差別撤廃の抗議デモが計画され、それぞれのデモ会場では数千人が密集。感染抑止に効果的とされるソーシャルディスタンス(社会的距離)を確保できていない状態だ。参加者は黒人だけでなく、白人、ヒスパニック(中南米)系と多岐にわたるが、同市では黒人の死亡率が白人の2倍と高く、コロナ禍が一層、黒人社会に打撃を与える恐れも指摘される。

 市の保健当局は5月31日、ツイッターで、マスクの着用や、大声で叫ばないことなど注意点をデモ参加者に喚起。デブラシオ氏は2日、「ここ数日で、デモ活動から感染が再び拡大することを非常に懸念している」と指摘。連日の抗議デモで訴えは浸透したとして「自宅に留まるときだ」と呼びかけたが、デモが収束する見通しはない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ