PR

ニュース 国際

米、対中合意重要性薄らぐ 高官、コロナ対応を批判

クドロー米国家経済会議委員長(ロイター)
クドロー米国家経済会議委員長(ロイター)

 クドロー米国家経済会議委員長は26日、トランプ大統領が中国の新型コロナウイルスの初期対応などを巡って「腹を立てている」と問題視し、対中貿易協議の「第1段階」合意は「かつてほど重要ではなくなった」と米FOXニュースで述べた。対立緩和につながった部分合意の意義が薄らいだとの認識を示し、今後の対応次第で圧力を一段と強める考えを示唆した。

 クドロー氏は「中国は多くの問題を抱えている」と指摘。新型コロナについて「感染源の事実と情報を基本的に隠している」と主張した。

 一方で部分合意は「今のところ損なわれていない」との見方を示した。交渉役を担う米国のライトハイザー通商代表と中国の劉鶴副首相が協議を続けていると説明し、中国が米製品の購入拡大や知的財産権保護の強化といった合意内容を順守するかどうかを注視する姿勢を強調した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ