PR

ニュース 国際

金正恩氏が「核抑止力強化」決定 北で中央軍事委…対米示威を本格化

朝鮮中央通信が24日配信した朝鮮労働党中央軍事委員会拡大会議に出席する金正恩党委員長(朝鮮中央通信=共同)
朝鮮中央通信が24日配信した朝鮮労働党中央軍事委員会拡大会議に出席する金正恩党委員長(朝鮮中央通信=共同)

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の朝鮮中央通信は24日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が党中央軍事委員会拡大会議を主宰したと報じた。会議では新たな部隊創設など組織改編や、外部勢力への抑止力完備について討議。「国の核戦争抑止力を一層強化し、戦略武力を高度の臨戦状態で運営するための新たな方針」が示された。

 北朝鮮の非核化などを扱う米朝交渉が停滞する中、核兵器を指す「戦略武力」の臨戦配備に向けた国家方針を打ち出し、米国への示威を本格化させた形だ。金氏は昨年末に「新たな戦略兵器」の登場を予告しており、大陸間弾道ミサイル(ICBM)や潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の開発を加速させるもようだ。

 核・ミサイル開発を主導してきた李炳哲(リ・ビョンチョル)党副委員長を中央軍事委副委員長に選出、朴正天(パク・チョンチョン)朝鮮人民軍総参謀長を次帥に昇格させるなど、大幅な昇進も発表された。新型コロナウイルスの防疫のため、軍を含む国内の活動が著しく制限されて閉塞(へいそく)感が高まる中、軍部へのテコ入れで士気を維持させる狙いがうかがえる。

 金氏の公の場での活動が伝えられるのは、1日の肥料工場完工式への出席が翌日に報じられて以来、約3週間ぶり。金氏も感染を避けるため、公開活動を制限していると分析されている。党中央軍事委拡大会議の開催は昨年12月以来。今回の日時は報じていないが、23日開催とみられる。

 会議では、軍砲兵の攻撃能力を「決定的に高める重大な措置が取られた」ともしている。軍砲兵部隊は今年3月、「超大型放射砲(多連装ロケット砲)」と称する事実上の短距離弾道ミサイルの試射を繰り返しており、韓国や在韓米軍に対する攻撃力増強も着実に進める方針を改めて誇示したといえる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ