PR

ニュース 国際

「改革なければ拠出金を恒久停止」トランプ氏がWHOに書簡、脱退も視野

トランプ米大統領=18日、ホワイトハウス(AP)
トランプ米大統領=18日、ホワイトハウス(AP)

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は18日、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長に対し書簡を送り、「WHOが向こう30日以内に具体的な改革を果たさない限り、拠出金の一時停止を恒久的に続ける」と警告したことをツイッターで発表した。

 トランプ氏はまた、拠出金の恒久停止と同時に「米国のWHOへの加盟も再考することになる」とし、脱退も視野に入れていることを明らかにした。

 書簡は、新型コロナをめぐるテドロス氏とWHOの「中国寄り」の対応について実例を挙げて批判し、「一連の失敗が世界に甚大な打撃を与えたのは明白だ」と指摘。「WHOが前進する唯一の道は、中国(の影響下)から独立していることを具体的に示すことだ」と迫った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ