PR

ニュース 国際

トランプ氏、「予防」に抗マラリア薬を毎日服用 健康影響懸念も 

抗マラリア薬のヒドロキシクロロキン(AP)
抗マラリア薬のヒドロキシクロロキン(AP)

 「予防のためだ。失うものはない」。トランプ米大統領は18日、新型コロナウイルス感染症の治療薬として自らが推奨する抗マラリア薬を毎日服用していると明らかにした。効果や安全性を疑問視する研究結果も出ており、健康への影響を懸念する声も上がっている。

 抗マラリア薬はヒドロキシクロロキン。トランプ氏はホワイトハウスで記者団との質疑中「私も1週間半前から服用している」と唐突に表明した。多くの医師らも予防のために使っていると主張し、患者への投与でも「前向きな話を聞いている」と発言。自らホワイトハウスの医師に服用してもよいか尋ねて許可を得たとしている。

 同薬を巡っては、米食品医薬品局(FDA)が4月、新型コロナ感染者への投与で心臓に異常が起きる深刻な副作用が報告されていると注意喚起。一方、トランプ氏はマラリア治療に長年使われており安全性に問題ないとの認識を示していた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ