PR

ニュース 国際

LA中心部で爆発11人負傷 日系人街近く、消防士被害

16日、米西部ロサンゼルス中心部で煙を上げる建物(Celia Esguerra of @RawMaterials提供・AP)
16日、米西部ロサンゼルス中心部で煙を上げる建物(Celia Esguerra of @RawMaterials提供・AP)
その他の写真を見る(1/3枚)

 【ニューヨーク=上塚真由】米西部ロサンゼルス中心部の商業ビルで16日午後6時半(日本時間17日午前10時半)ごろ、爆発があり、消防当局によると、消防士11人が負傷した。現場では建物火災が発生、米メディアは炎と煙が高く立ち上る様子を伝え、一時騒然となった。当局が爆発の原因を調べている。

 現場は、日系のホテルやレストランなどが並ぶ日系人街「リトルトーキョー」の近く。消防当局によると、商業ビルから煙が出ているのを消防士が見つけ駆け付けたところ、突然、爆発が起きたという。複数の建物に燃え移ったが、約240人の消防士が出動し、発生から約2時間後に鎮火した。負傷した消防士らは命に別条はない。

 爆発が起きた商業ビルには電子タバコの卸売業者が入っており、可燃性のあるガスを使って精製する「大麻ワックス」を扱っていたという。ロサンゼルスの日本総領事館によると、日本人が被害に巻き込まれたとの情報は入っていない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ