PR

ニュース 国際

「緩和による感染者の増加避けられない」 英の日本人看護師語る

 --医療現場では防護服やマスクなどの不足が懸念されている 

 「私は防護服などが足りないという経験は幸運にもなかったが、知人が勤務する病院では足りないところもある。病院によって設備面で格差が生じている」

 --看護師や医師の数は足りているのか

 「各病院は新型コロナ病棟の人員配置を可能な限り、手厚くする対策をとっている。私がもともと所属していた外科病棟では、ほぼ全員が新型コロナ病棟担当に異動するとの通告があった。私は家族もいるので感染リスクから葛藤があったが、選択肢はなかった。新型コロナ病棟には、内科や眼科、口(こう)腔(くう)外科などさまざまな専門の医師も集められ、現場に入る前に十分な研修が行われた。一つの病棟に多様な背景の医療従事者が集結したのは私の経験上、初めてのことだ」

 --新型コロナ患者の治療で大変なことは

 「新型コロナ感染で入院している患者は他の基礎疾患を持っているケースが多い。1人の看護師が担当する4~8人の患者がそれぞれ持つ基礎疾患を把握することが求められる。新型コロナによる肺炎の治療だけではなく、基礎疾患が悪化しないように気を配らなければならない。医療現場の負担がこれ以上、大きくならないためにも急激な患者数の増加は避けたい」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ