PR

ニュース 国際

NY州、週内に一部地域で経済再開へ 都市部は対象外

米ニューヨーク州のクオモ知事(ロイター)
米ニューヨーク州のクオモ知事(ロイター)

 【ニューヨーク=上塚真由】米東部ニューヨーク州のクオモ知事は11日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染防止策として実施してきた営業規制について、州西部など人口密度の低い一部地域で15日から規制を緩和させる方針を示した。感染が集中するニューヨーク市など都市部は対象に含まれていない。

 州政府は3月22日に外出規制と、必要不可欠な職種を除いた事業閉鎖の措置を開始し、期限は今月15日までとなっている。クオモ氏は制限解除について空き病床の割合など7つの基準を設けており、基準を満たした地域から業種別に4段階に分けて再開する流れだ。

 クオモ氏は、州内の10地域のうち3地域が「(基準を)満たした」と説明し、第1段階の製造業や建設業、農業などから再開される見通し。さらにクオモ氏は、15日からテニスなど感染リスクの低い屋外活動やドライブイン方式の映画館、ガーデニング関連の店の営業などを州全域で認めると表明した。

 一方、ニューヨーク市は7基準のうち4つしか満たしておらず、15日以降も延長される。同市のデブラシオ市長も11日の会見で、経済活動の再開は6月以降になるとの見方を明らかにした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ