PR

ニュース 国際

トランプ氏が国内出張を再開 アリゾナ州のマスク工場をマスク着用せず訪問

5日、米西部アリゾナ州のマスク生産工場を視察するトランプ大統領(左)(ロイター)
5日、米西部アリゾナ州のマスク生産工場を視察するトランプ大統領(左)(ロイター)
その他の写真を見る(1/2枚)

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は5日、西部アリゾナ州フェニックスを訪れ、新型コロナウイルス感染の予防のための医療用マスクを生産しているハネウェル・インターナショナル社の工場を視察した。トランプ氏は米国内での感染拡大が深刻化し始めた3月上旬以降、国内視察や支持者集会を自粛してきたが、自身による経済活動再開の呼びかけに合わせて視察を再開させた。

 トランプ氏は、ハネウェル社幹部らとの懇談の場で「国を再び開かなくてはならない」と強調。今年後半に感染が再拡大する恐れが専門家から指摘されていることに関しては「国を向こう5年も閉じたままにしておくことはできない」と反論した。

 トランプ氏は視察の間、マスクを着用しなかった。トランプ氏や同行のホワイトハウス職員は感染検査で陰性と確認されており、工場側が着用不要と伝えてきたとしている。

 トランプ氏は、民主党候補のクリントン元国務著官と対決した2016年の大統領選でアリゾナ州を制したが、今年11月の大統領選に向けた同州での世論調査では、民主党候補指名を確実にしたバイデン前副大統領と支持率で競り合っている。数週間ぶりの遊説先に同州を選んだのは、支持固めを図る狙いも込められていたとみられる。

 トランプ氏は近く激戦州の中西部オハイオ州を訪れる意向を示しているほか、6月13日に東部ニューヨーク州の陸軍士官学校の卒業式に出席する。

 一方、トランプ氏は5日、ペンス副大統領が率いる政権の新型コロナ対策チームについて、近く規模を縮小する方向を表明したが、6日になって規模を維持する方針に転換したことを明らかにした。理由について「関係各方面から維持を求める声があったため」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ