PR

ニュース 国際

研究所流出「まだ不明」 米軍、政権主張に慎重姿勢

新型コロナウイルスの電子顕微鏡画像(米国立アレルギー・感染症研究所提供)
新型コロナウイルスの電子顕微鏡画像(米国立アレルギー・感染症研究所提供)

 米軍制服組トップのミリー統合参謀本部議長は5日、国防総省で記者会見し、新型コロナウイルスが中国湖北省武漢市の研究所から流出したとの説について「まだ分からない」と述べた。トランプ大統領が流出説に「自信」を示すなど政権幹部が対中批判を強める中、米軍として慎重に分析する姿勢を示した。

 ミリー氏は、新型コロナは人為的に作られたものではないとの見方を強調。起源が武漢のウイルス研究所なのか市場なのかについては不明で「結論付けるだけの証拠はないが、恐らく意図的に流出されたものではないだろう」と語った。

 その上で「中国政府が(研究所などへの)調査を受け入れれば、世界が起源を知ることができ、将来の流行を防ぐのに役立てられる」と述べ、中国に情報開示を求めた。

 トランプ氏は1日、中国の初期対応のミスが大流行につながったと批判し、報復として制裁関税発動の可能性も示唆。ポンペオ国務長官も同調し、武漢の研究所が起源だとの「多くの証拠がある」と主張した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ