PR

ニュース 国際

金正恩氏20日ぶり公開活動 肥料工場完工式に出席

1日、北朝鮮・順川で完工した肥料工場を見て回る金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮中央通信=共同)
1日、北朝鮮・順川で完工した肥料工場を見て回る金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮中央通信=共同)
その他の写真を見る(1/3枚)

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮国営メディアは2日、金正恩朝鮮労働党委員長がメーデーの1日に中部、順川(スンチョン)のリン酸肥料工場の完工式に出席したと伝えた。米メディアの報道で重体説が持ち上がっていた正恩氏の公開活動が伝えられるのは20日ぶり。北朝鮮メディアは、正恩氏が幹部と談笑するなどの写真や映像を大きく報じ、健在を誇示した。

 正恩氏は4月11日の党政治局会議への出席を最後に公の場に姿を見せず、金日成主席の生誕記念日の15日にも毎年行ってきた金主席らの遺体を安置した宮殿への参拝を見送ったことから健康不安説が浮上。米CNNテレビは20日に正恩氏が手術後に重体に陥ったとの情報を報じ、脳死や死亡説まで取り沙汰された。

 1日、北朝鮮・順川の肥料工場の完工式に出席した金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮中央通信=共同)
 1日、北朝鮮・順川の肥料工場の完工式に出席した金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮中央通信=共同)
その他の写真を見る(2/3枚)

 今回の現地視察報道は、内外の健康不安説を払拭する狙いもありそうだ。

 正恩氏は完工式でテープカットを行い、歓声を上げる労働者らに手を振って応えた。工場内も見て回り、工場の完工について「(昨年末の)党中央委員会総会以降、最初の成果で、わが国の化学工業を跳躍させる重要な契機となる」と強調した。妹の金与正党第1副部長や朴奉珠党副委員長、金才竜首相らが同行した。1月7日にも、今年最初の現地指導先としてこの工場の建設現場を訪れたことが報じられていた。

 正恩氏の健康不安説が拡散する中、韓国当局は、正恩氏が東部、元山(ウォンサン)の別荘に滞在しながら正常に政務をこなしているとの見方を示してきた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ