PR

ニュース 国際

ニューヨーク市の地下鉄、感染で運休 1世紀超す歴史で初

乗客を待つ米ニューヨーク市の地下鉄=4月30日(ロイター)
乗客を待つ米ニューヨーク市の地下鉄=4月30日(ロイター)

 米ニューヨーク市の地下鉄が新型コロナウイルス感染防止の消毒作業のため、6日から当分の間、未明の時間帯に運休することになった。地元メディアによると、24時間運行を誇った同市地下鉄が自然災害やストライキなどの理由以外で運休するのは115年の歴史で初めて。

 ニューヨーク州のクオモ知事と同市のデブラシオ市長が4月30日、合同で発表した。運休するのは午前1時から5時まで。これまで3日に1度だった車内清掃を毎日にし消毒を実施する。

 同市地下鉄は感染拡大後、1日の利用客約550万人が9割減の約45万人まで落ち込んだ。深夜や未明には感染を恐れるホームレスが集まり、車内の衛生状況が「耐えがたい」(同知事)レベルとなっていた。

 密閉され、社会的距離も取りにくい地下鉄は感染の温床との見方もあり消毒強化が迫られていた。運営する都市圏交通公社(MTA)では90人を超す感染死者が出ている。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ