PR

ニュース 国際

トランプ氏、武漢研究所起源の「証拠見た」 新型コロナ、情報機関は断定避ける

トランプ米大統領(AP)
トランプ米大統領(AP)

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は4月30日、ホワイトハウスで記者会見し、新型コロナウイルスが中国湖北省武漢市にある中国科学院武漢ウイルス研究所から流出した疑いが出ている問題に関し、ウイルスの起源が同研究所であるとする証拠を「見た」と述べた。

 トランプ氏は、証拠の詳細については「言えない。開示を許可されていない」とするにとどめたが、研究所が起源であるとの「確信を深めた」と強調した。

 ポンペオ国務長官は同日出演したラジオ番組で、ウイルスが研究所から流出したものであるかどうかについては「分からない」と語っていた。

 一方、米情報機関を統括する国家情報長官室は同日発表した声明で、新型コロナウイルスは「中国が起源だ」と指摘した上で「人工的に作られたものではなく、遺伝子操作されたものでもない」との見解を表明し、一部でくすぶる生物兵器であるとの見方を否定した。

 ただ、ウイルス感染の発生については「ウイルスに感染していた動物と人との接触が原因か、あるいは武漢市の研究所の事故によるものなのか、情報を引き続き精査していく」とし、現時点では研究所が起源であるとは断定できないとの認識を示した。

 米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は国家情報長官室が声明を発表する数時間前、トランプ政権高官が情報機関に対して武漢の研究所がウイルスの起源であるとの証拠を探すよう強く求めていたと報道。同紙によれば、民主党を支持する一部の情報当局者の間では、トランプ政権が関連情報を中国非難のために政治利用する恐れがあるとして懸念が広がっているという。

 トランプ氏はまた、中国との関係について、米中の貿易合意は「もはや二の次だ」と指摘。初動の対応の誤りでウイルスをパンデミック(世界的大流行)に拡大させた中国を「容認できない」として、制裁関税の強化などの報復を実施する用意があることを示唆した。中国に対する債務支払いの停止については否定的な考えを示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ