PR

ニュース 国際

米仏首脳が電話会談 WHO改革の必要性で一致

 【ワシントン=黒瀬悦成】米ホワイトハウスは26日、トランプ大統領とフランスのマクロン大統領が同日、電話会談したと発表した。両首脳は、世界保健機関(WHO)の改革が必要との認識で一致した。

 トランプ氏はWHOについて、新型コロナウイルスをめぐる対応が「中国寄り」だとして資金拠出の停止を表明。同氏は欧州諸国などでもWHOや中国に対する不満が高まっているのをにらみ、WHO改革に向けた国際圧力網を構築したい考えだ。

 米仏首脳は、新型コロナ対策の成果や世界経済の再開に向けた進展に関し協議。また、新型コロナのパンデミック(世界的大流行)に国連としてどう対処するかについて話し合うため、国連安全保障理事会常任理事国5カ国の首脳会議を早期に開きたい意向を表明した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ