PR

ニュース 国際

「中国批判は非生産的」 中露首脳が電話会談、関係維持アピール

テレビ会議に臨むプーチン露大統領=4月16日、モスクワ(ロイター)
テレビ会議に臨むプーチン露大統領=4月16日、モスクワ(ロイター)

 【モスクワ=小野田雄一】ロシア大統領府は16日、新型コロナウイルスをめぐり、プーチン露大統領と中国の習近平国家主席が電話会談を行ったと発表した。プーチン氏は習氏の対応を徹底的かつ効果的だと評価。「新型コロナ発生の公表が遅かった」とする国際的な中国批判に関しては「非生産的な試みだ」とした。

 新型コロナに伴う国境封鎖や物資輸送規制などで中露間の貿易が大幅に縮小している中、両首脳は従前通りの良好な関係を世界にアピールした形。 

 露大統領府によると、両首脳は「新型コロナとの闘いにおける中露の相互支援は、両国の戦略的協調関係の特別さを示している」との認識で一致。専門家の交流や医療機器・医薬品供給での協力強化も確認した。さらに両首脳は「協力を継続することで、ともに試練を乗り越えられると確信している」とも表明した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ