PR

ニュース 国際

原油、世界生産の2割減 OPECプラスと米の減産で

オーストリア・ウィーンにあるOPEC本部(ロイター)
オーストリア・ウィーンにあるOPEC本部(ロイター)

 サウジアラビアのアブドルアジズ・エネルギー相は13日、石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟の産油国による連合体「OPECプラス」による減産に加え、枠外の米国の生産抑制などを合わせると、市場への供給量が世界生産の2割程度に当たる日量計約1950万バレル減るとの見方を示した。ロイター通信が伝えた。

 新型コロナウイルスの感染拡大で原油需要が著しく縮小。需給バランスが崩れているため、大規模な生産抑制で価格を下支えする。OPECプラスは5~6月に日量970万バレルを減産。サウジなどはノルマ以上に減らす見通しだ。アブドルアジズ氏は需給見通しが改善しない場合、削減幅拡大や期間延長もあり得るとの見解を示した。

 OPECプラスに参加していない米国やカナダなどの生産が日量370万バレル減少するという。さらに国際エネルギー機関(IEA)加盟国が備蓄のため、今後数カ月で2億バレル分を購入し、市中への供給が抑えられる。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ