PR

ニュース 国際

北朝鮮、模擬ミサイル実験 米拠点の分析サイトが公表

その他の写真を見る(1/2枚)

 米国拠点の北朝鮮分析サイト「38ノース」は8日、最新の衛星写真に基づき、北朝鮮が東部新浦の造船所で模擬ミサイル試射実験を最近実施した可能性が高いとの分析結果を公表した。ミサイルの信頼性を確認するためだと見ている。

 4月5日撮影の衛星写真に、発射管とみられるものが取り付けられた構造物のほか、標的の斜面に模擬弾が着弾したような四つの物体が確認された。2月10日の衛星写真には実験の可能性を示す形跡はなかった。

 通常こうした試験の場合には模擬弾が異なる軌道で発射され、標的に衝突した際の痕が複数できるとしている。

 非核化を巡る米朝交渉が停滞する中、北朝鮮は核・ミサイル戦力を増強する姿勢を示しており、日本海へのミサイル発射も継続している。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ