PR

ニュース 国際

米CDC、NYなど3州に移動自粛呼びかけ 

 【ワシントン=住井亨介】米疾病対策センター(CDC)は28日、新型コロナウイルスの感染者が急速に増えているニューヨーク州など東部3州の住民に対し、不要不急な他州への移動を自粛するよう求める警報を発した。期間は2週間。

 トランプ米大統領は同日、ニューヨーク州などから他州への人の強制的な移動制限を検討していることを明らかにしていたが、CDCの警報発表直前に「必要ない」と見送る方針を表明した。

 CDCによると、対象はニューヨーク州のほか、隣接するニュージャージー州とコネティカット州。物流や公的医療、金融、食品関係など基幹産業の従事者は規制の対象外となる。

 トランプ氏は同日、ホワイトハウスで記者団に対し、ニューヨークから南部フロリダ州に多くの人が移動して「問題になっている」などと指摘したうえで、「強制力のある隔離になる」と述べていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ