PR

ニュース 国際

イランで失踪のFBI元捜査官、死亡情報

 【ワシントン=住井亨介】イラン南部で13年前に失踪し、米政府がイランに対して所在確認と解放を要求してきた米連邦捜査局(FBI)の元捜査官、ロバート・レビンソン氏の家族が25日、同氏が死亡したとの情報を米当局者から最近伝えられたと声明で明らかにした。死亡時期や状況については分からないとしている。

 解放を求めてきたレビンソン氏の家族は「われわれの苦痛は言い表しがたい。イラン政府は(責任を)免れられないことを知らねばならない」と非難。トランプ米大統領は同日の記者会見で「彼が死亡したとは受け入れがたい」と述べた。

 レビンソン氏は2007年3月、ペルシャ湾に浮かぶイラン南部キシュ島で消息を絶った。米政府は当初は民間人だと主張したが、AP通信などは13年に同氏が米中央情報局(CIA)の秘密要員として働いていたと報道。米国務省は、所在特定などにつながる有力な情報提供に対して報奨金を設定していた。

 11年には何者かに拘束されたレビンソン氏が「米政府の助けが必要だ」と支援を訴えるビデオ映像を家族が公開していた。米政府は同氏の失踪にイランが関与しているとみていたが、イランは否定している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ