PR

ニュース 国際

【環球異見】新型コロナの呼称めぐり米中の論争激化

新型コロナウイルスを「中国ウイルス」と呼んだトランプ米大統領(中央)は記者会見で、呼称の正当性を主張。中国の反発に反論した=17日、ホワイトハウス(AP)
新型コロナウイルスを「中国ウイルス」と呼んだトランプ米大統領(中央)は記者会見で、呼称の正当性を主張。中国の反発に反論した=17日、ホワイトハウス(AP)

 新型コロナウイルスをめぐり、米中の論争が激化している。トランプ政権の高官が「武漢ウイルス」と呼んでいることに中国の官製メディアは「根源は断定されておらず、科学的根拠がない」と反発。「米政府は(国内での感染拡大の)責任を中国に押し付けている」と決めつけた。米国では、保守系のメディアは中国の主張を「全くの見当違い」と一蹴しているが、一部メディアでは中国側に同調する動きもある。

□中国 環球時報

■非難は自信の欠如を反映

 世界で新型コロナウイルスの感染拡大が深刻になるなかで、中国政府は外交面で反転攻勢の姿勢を鮮明にしている。とりわけ矛先が向かっているのが、中国政府の初動対応について批判を続けている米国だ。ポンペオ米国務長官が、新型コロナについて中国が発生源だと訴え続けて、意図的に「武漢ウイルス」と呼んでいることに中国メディアも強く反発している。

 中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は9日付で、「ポンペオたちは何故(なぜ)このように急ぎ慌てて中国に責任を押し付けるのか」と題した社説を掲載した。この中で、米国内での感染者数が日増しに増えてきていると指摘し、「このような状況下で、米国の政治屋たちは国内の予防・抑制の推進に精力を集中させるのでなく、熱心に中国を非難して責任を押し付けている」と主張。その上で「これは米国が疾病の拡大を食い止めることへの自信が欠如していることを反映している」と決めつけた。

 新型コロナについては「科学的に根源を調べる作業は今に至るまで結果を見ていない」と強調。ポンペオ氏が「武漢ウイルス」といった呼び方をしていることについては「科学的には根拠がなく、道義的に無責任で偏狭なものだ」と批判の言葉を連ねた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ