PR

ニュース 国際

死者世界最多のイタリア 「医療崩壊」で患者の選別も

イタリア・ローマの病院で、救急車から患者を運び出す医療関係者=17日(ゲッティ=共同)
イタリア・ローマの病院で、救急車から患者を運び出す医療関係者=17日(ゲッティ=共同)
その他の写真を見る(1/2枚)

 【パリ=三井美奈】新型コロナウイルス感染による死者が3405人と世界最多となったイタリア。国内で最も感染が深刻な北部ロンバルディア州では病院がパンク状態になり、集中治療室では「患者の選別」が行われている実態が現地報道で明らかになった。

 感染の「震源地」となった同州ベルガモの総合病院の医師は欧州メディアの取材に「病床がいっぱいで患者を断っている。院内の別の場所で人工呼吸器を装着して待機させ、移送させる。周囲の病院は同じ状態で、遠くに受け入れ先を探すしかない」と語った。患者への付き添いは認められておらず、家族の看取りがないまま亡くなる患者も多い。

 同州の別の医師は、「倫理上、正しいかどうかは別として、蘇生(そせい)措置は生存の可能性が高い患者を優先している」と述べ、対象患者を選ばざるを得ない状態だと認めた。ある看護師は「人工呼吸器をだれに装着するか決めねばならない。80~95歳で(肺など)呼吸器に問題がある患者なら、措置はしない。3つ以上の中枢器官に疾患があれば、致死率100%ということだ」と述べた。

 通常、看護師1人の担当患者は6人だが、現在は12~14人に対応しているという。「私たちは見捨てられている」と悲鳴をあげる看護師もいる。医療用手袋やマスクも不足し、医師の死者も相次ぐ。

 ベルガモの葬儀場では1日に25体前後の火葬が可能だが、今週はその倍以上の棺が運び込まれているという。棺を別の地域に移送するため19日、軍用トラック十数台が出動。兵士が移送作業を行った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ