PR

ニュース 国際

参院予算委で産経「めぐみへの手紙」紹介 首相「痛恨の極み」

参院予算委員会で産経新聞に連載されている拉致家族・横田夫妻の連載記事を引用し質問する立憲民主党・有田芳生氏(右)。左は安倍晋三首相ら=16日午前、国会・参院第一委員会室(春名中撮影)
参院予算委員会で産経新聞に連載されている拉致家族・横田夫妻の連載記事を引用し質問する立憲民主党・有田芳生氏(右)。左は安倍晋三首相ら=16日午前、国会・参院第一委員会室(春名中撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 16日の参院予算委員会で、北朝鮮による拉致被害者、横田めぐみさん(55)=拉致当時(13)の両親、滋さん(87)と早紀江さん(84)が産経新聞で連載している「めぐみへの手紙」が取り上げられた。安倍晋三首相は、被害者家族の高齢化が進み、同じく拉致被害者の有本恵子さん(60)=同(23)=の母、嘉代子さんが2月に亡くなったことに触れ「本当に痛恨の極みだ」と述べた。

 取り上げたのは立憲民主党の有田芳生氏で、84歳の誕生日を迎えた母の早紀江さんが「残された時間は本当にわずかです」と訴えた2月4日付朝刊の記事。首相は被害者の帰国が進まないことについて「北朝鮮は金正日(キム・ジョンイル)総書記の時に(帰国した被害者以外は)死亡していると述べている。この判断は違うと認めてもらわないといけない」と述べた。

 首相は「解決には金正恩(ジョンウン)朝鮮労働党委員長に決断してもらう必要がある。国際情勢を(北が交渉に応じるような情勢に)持っていく努力をしなければいけない」とも語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ