PR

ニュース 国際

乗客が米クルーズ船会社を提訴 新型コロナ「危険性知らされず」

9日、米西部カリフォルニア州のオークランド港に停泊するクルーズ船「グランド・プリンセス」(AP)
9日、米西部カリフォルニア州のオークランド港に停泊するクルーズ船「グランド・プリンセス」(AP)

 【ワシントン=住井亨介】米メディアは10日、新型コロナウイルスの感染者が出た米クルーズ船「グランド・プリンセス」の乗客が、ウイルス感染の危険性を乗船前に知らされず精神的苦痛を受けたなどとして、同船を保有する船会社「プリンセス・クルーズ」を相手取り、100万ドル(約1億円)超の損害賠償を求めて提訴したと伝えた。

 米CNNテレビ(電子版)によると、南部フロリダ州の夫婦が、西部カリフォルニア州ロサンゼルスにある連邦地裁に訴訟を起こした。グランド・プリンセスをめぐっては、2月中旬のクルーズに乗船した高齢男性がコロナウイルスに感染して死亡。乗客乗員21人の集団感染も明らかになっている。

 提訴した夫婦は2月21日に乗船。訴状によれば、プリンセス・クルーズ社は、船内で感染者が出ていたにもかかわらず、感染の危険性を知らせずに乗客を受け入れた。また、同社が保有するクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」が横浜で集団感染を起こしていながら、適切な予防措置を怠ったとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ