PR

ニュース 国際

北朝鮮が飛翔体を複数発射 多種のミサイルを連射か

2日、北朝鮮人民軍前線長距離砲兵区分隊の火力攻撃訓練で発射されたロケット砲(朝鮮中央通信=朝鮮通信)
2日、北朝鮮人民軍前線長距離砲兵区分隊の火力攻撃訓練で発射されたロケット砲(朝鮮中央通信=朝鮮通信)

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮は9日午前7時36分(日本時間同)ごろ、東部の咸鏡南道(ハムギョンナムド)宣徳(ソンドク)付近から北東方向の日本海に向けて複数の飛翔(ひしょう)体を発射した。韓国軍合同参謀本部は、最大約200キロ飛行し、最高高度は約50キロに達したと探知。複数種類のミサイルなどを連続発射したとみて分析を進めている。日本政府は、日本の排他的経済水域(EEZ)内には落下しなかったとの見方を示した。

 北朝鮮は2日にも東部、元山(ウォンサン)付近からミサイル2発を発射しており、北朝鮮によるミサイルなどの発射は今年2回。北朝鮮は3日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が2日に長距離砲兵部隊による打撃訓練を視察したと報道。公開した写真から発射した2発は、北朝鮮が「超大型放射砲(多連装ロケット砲)」と呼ぶ事実上の短距離弾道ミサイルと判明した。韓国軍は、同様の冬季訓練の一環として今回、複数種類の放射砲を発射したと分析している。

 韓国大統領府が2日の発射に中止を求めたのに対し、北朝鮮は3日に正恩氏の妹の金与正(ヨジョン)党第1副部長名義の談話を発表し、「おびえた犬」などと激しい言葉で韓国側を非難した。英仏独など欧州5カ国が共同で非難声明を発表したのに対しても強く反発した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ