PR

ニュース 国際

世界3億人が学校に行けず ユネスコ発表

 【パリ=三井美奈】国連教育科学文化機関(ユネスコ、本部パリ)は4日、新型コロナウイルス感染対策で、日本を含む13カ国が全国規模で小中学校の休校を決め、約2億9050万人の児童・生徒が通学できなくなっていると発表した。

 発表によると、13カ国の内訳は日本、中国(香港、マカオを含む)、モンゴル、北朝鮮、イタリア、イラン、イラク、クウェート、アルメニア、アゼルバイジャン、アラブ首長国連合(UAE)、バーレーン、レバノン。

 このほか、韓国や米国、フランス、ドイツ、英国、シンガポールやタイなど9カ国が部分的な休校措置をとっており、この9カ国が全国的な休校を決めれば、さらに約1億8千万人が通学できなくなるとしている。

 ユネスコのアズレ事務局長は、「休校がこれほど早く、世界の広範囲に広がったのは前例がない。休校が長引けば、教育を受ける権利が脅かされる恐れがある」と表明した。ユネスコは10日、加盟国による緊急の教育相会合を開き、学習継続のあり方について協議する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ