PR

ニュース 国際

新型コロナ 米国で初の死者 イランからの入国禁止に

 【ワシントン=住井亨介】米トランプ政権は2月29日、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスに感染した米国内の患者から初の死者が出たと発表した。また、感染者が増加しているとして、イランからの入国を禁止するとともに、イタリアと韓国の一部地域への渡航中止を米国人に勧告した。

 トランプ大統領らがホワイトハウスで記者会見して明らかにした。米国内では感染経路が不明な市中感染とみられる事例の報告が増えており、今後の経済活動や市場の動向にさらなる影響を与える可能性が出てきた。

 死亡したのは西部ワシントン州に住む50代男性。トランプ氏は記者会見で女性と発表したが、地元当局者が同日の電話会見で訂正した。海外への渡航歴や感染者との接触は確認されていないという。

 トランプ氏は会見で「今後感染例が増える可能性がある」と指摘する一方で、「米国民のリスクは低く、パニックになる理由はない」と強調した。

 米国はすでに14日以内に中国本土に滞在歴のある外国人の入国を拒否しており、イランも同様の禁止対象に加えた。イタリアと韓国の一部地域への渡航中止勧告を受け、米国務省は29日、韓国・大邱(テグ)、イタリアのロンバルディア州とベネト州への渡航警戒レベルを4段階中最高の「渡航中止」(レベル4)に引き上げた。

 また、トランプ氏は、メキシコと接する南部国境での入国制限を検討することも明らかにした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ