PR

ニュース 国際

気候変動で反論 「アンチ・グレタ」もブロンド長髪の10代女性 米大統領選控え保守派の「広告塔」に

「反グレタ」派の顔となったナオミ・セイプトさん(米「ハートランド研究所」提供)
「反グレタ」派の顔となったナオミ・セイプトさん(米「ハートランド研究所」提供)

 【パリ=三井美奈】スウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥンベリさん(17)に対抗し、「気候現実派」を名乗るドイツ人女性(19)が登場した。米大統領選を前に、保守系シンクタンクを通じて「気候変動で世界は終わらない」と発信している。

 この女性は、独ミュンヘンに在住するナオミ・ザイプトさん。今月半ば、米イリノイ州の「ハートランド研究所」に加わり、「広告塔」として動画に登場。グレタさんの環境破壊の警告は過剰だと批判し、「大勢の若者がパニックを起こしている。彼らを怖がらせるのではなく、環境の現実的な見方が必要」などと主張し、米欧メディアの注目を集める。米紙ワシントン・ポストは「気候問題への疑念を示すため、トランプ派が雇った」、独誌シュピーゲルは「気候変動の懐疑派が、欧州で世論作りに乗り出した」と評した。

 ザイプトさんは高校を卒業し昨年、ユーチューバーに転身。メルケル独首相の寛容な移民受け入れ策などを批判してきた。昨年12月にスペインで第25回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP25)が開かれた際、米保守系メディアに出演し、グレタさんの主張に反論。同研究所にスカウトされた。グレタさんと同じブロンドの長髪で、英語も堪能だ。同研究所は、地球温暖化対策「パリ協定」に反対し、トランプ政権による脱退表明を歓迎した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ