PR

ニュース 国際

米厚生長官、米国も一斉休校「選択肢」

28日、会見するアザー米厚生長官(AP)
28日、会見するアザー米厚生長官(AP)

 【ワシントン=住井亨介】アザー米厚生長官は28日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため日本政府が全小中学校などに臨時休校を要請したことにからみ、米国でも「状況によってはあり得る」と述べ、休校実施の可能性を示唆した。

 アザー氏は「状況の評価に従ってあらゆる選択肢がテーブルに用意される必要がある」と述べたうえで、市中感染が起きることも想定しているとした。

 一方、トランプ大統領はホワイトハウスで記者団に対して、米国での感染者の多くが「回復に向かっている。米国では死者が出ていない」と述べたうえで、入国制限の措置などで感染が急拡大していないとの認識を改めて示した。

 米疾病対策センター(CDC)の幹部は28日の電話会見で、米国内のコロナウイルスの感染者が62人となったことを明らかにした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ