PR

ニュース 国際

韓国、危機レベルを最高に引き上げ 感染疑い千人、文大統領「数日が山場」

23日、韓国南東部・大邱の商店街で、消毒剤を散布する作業員ら(AP)
23日、韓国南東部・大邱の商店街で、消毒剤を散布する作業員ら(AP)

 【ソウル=名村隆寛】韓国政府は23日、新型コロナウイルスの感染者数が前日よりも169人増え、計602人になったと発表した。死者は3人増加し、計6人となった。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は同日、感染病の危機警報を4段階で最高の「深刻」に引き上げると明らかにした。

 警戒レベルが「深刻」に引き上げられるのは、新型インフルエンザが流行した2009年以来。今後、鉄道・航空便の運行制限や、企業の閉鎖命令を行うことが可能になる。

 韓国政府の中央対策本部は23日、集団感染が拡大している新興宗教団体「新天地イエス教会」で発熱やせきなどの症状を訴え、感染が疑われる信者が「千人近くいる」と発表。文大統領は同日開かれた対策会議の冒頭、集団感染発覚の前後で「全く違う状況にある」と強調し、「分水嶺(ぶんすいれい)を迎えた。これから数日間が非常に重要な山場になる」と述べた。

 韓国政府は同日、3月に新学期を迎える全国の幼稚園、小中高校などの始業式を1週間遅らせるよう命じたと発表した。一方、教育省は新学期を控え、帰郷していた中国人留学生の入国がピークを迎え、週内に1万人、来週に9千人以上に達する見通しだと明らかにした。

 新たに死亡が確認されたのは集団感染が起きている南東部・慶尚北道(キョンサンプクト)清道(チョンド)郡の病院の患者と関係者で、病院に関係した感染者の死亡者は4人となった。「新天地イエス教会」関係者の50代女性の死亡も確認。国内の全感染者602人のうち、同教会関係者は計329人になった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ