PR

ニュース 国際

対中輸出規制強化にトランプ氏反対 「中国に買ってもらいたい」

 【ワシントン=塩原永久】トランプ米大統領は18日、政権内で検討されている中国への輸出規制強化に反対する立場を表明した。記者団に「でっちあげの安全保障を根拠に用い、米国企業の成長を犠牲にすることはない」と指摘。ジェットエンジンや半導体などの対中輸出を容認し、11月の大統領選を前に輸出拡大を優先する意向を示した。

 米メディアによると、米政権は安保上の脅威を根拠に、米電機大手ゼネラル・エレクトリック(GE)の航空機エンジンを中国の国産機計画に供給することを制限したり、半導体などの輸出規制を強化したりすることを検討しているという。

 トランプ氏は記者団に対し、「安保と関係ない(規制)案が私の机に持ち込まれている」と指摘し、政権内で次々と浮上する輸出規制案を批判。ツイッターでは「世界最高の米国製エンジンを中国に買ってもらいたい」と述べ、「米国が外国とビジネスしづらい場所にはしない」と語った。

 政権内では商務省を中心に、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)に対して発動した禁輸措置を厳格化する動きもある。

 米輸出管理制度には、米国産部品を25%以上組み込んだ製品を、日本などの外国企業が華為に供給することを事実上、禁じる規定がある。一部報道によると、この規定について、米国産品の割合を10%やそれ未満に引き下げる案が浮上しており、政権幹部が月内にも協議する見通しという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ