PR

ニュース 国際

【香港に生きる】病院にも“勇武派”がいた 初の病院スト「穏健な抗議では何も変わらない」

病院ストに参加した看護師
病院ストに参加した看護師

 「簡単な決断ではなかった。悩み抜いた末に参加したんだ」。香港の公立病院で働く男性看護師、ジェフリー(28)=仮名=は顔をゆがめた。

 今月3日から7日まで行われた医療関係者のストライキに加わった。延べ2万8千人以上(労働組合発表)の看護師や医師らが参加したストにより、人手不足に陥った各病院で手術の延期が相次いだ。

 「香港政府は、中国本土からやって来る人々の申告に依存した防疫政策を進めている。でも(新型コロナウイルスが発生した)湖北省に滞在したことのある人が、それを正直に申告しなかったらどうなる?」

 最も厳重に隔離されなければならない人の管理が甘くなれば、医療の最前線に立つ自分たちはもちろん、香港の一般住民の安全を守ることなどできない。

 「だからストという強硬手段に訴えて、中国との境界の完全封鎖を政府に要求したんだ。そして、私たちの防護具を十分に提供すること。信じられないかもしれないが、最も必要な医療現場でも足りないんだ」

 医療用マスクのほか、顔を保護するフェイスシールド、ガウン…。政府は病院用に確保しているというが、減り続ける在庫の棚を見るたびに不安になる。

 彼の病院にも感染が確認された患者が何人もいる。患者の口に管などを挿入するとき、感染リスクが高くなる。細心の注意を払うのは当然だが、しくじって「感染したかも…」という場合があるかもしれない。そんなときは、自分で自分を隔離する覚悟はできている。愛する人たちにうつすわけにはいかない。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ