PR

ニュース 国際

WHO、国際的批判和らげる狙い 新型肺炎で台湾が専門家会合参加

 テドロス氏はこれまで「WHOは中国が(新型コロナウイルスの)感染拡大を防ぐ能力があることを確信している」などと中国の対応を称賛。テドロス氏と、中国に批判的な一部の委員の「温度差」が深刻化していた。医療問題の英専門家は「WHOが中国の意向を尊重しすぎると、WHO内の内紛を引き起こす恐れがあった」と指摘する。

 今回のWHOの判断を受けて、台湾の外交部(外務省に相当)は「一つの良い開始」と好意的に受け止めている。ただ、WHO関係者は「台湾が非加盟国である現状は変わらず、WHOが一時的に体面を保つためにお茶を濁したにすぎない」と指摘する。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ