PR

ニュース 国際

武漢、突貫で医療施設続々 それでも足りず患者ら不安

5日、武漢市内の展示場を改造して作られた仮設病院に入院する新型肺炎患者ら(AP)
5日、武漢市内の展示場を改造して作られた仮設病院に入院する新型肺炎患者ら(AP)

 【北京=三塚聖平】新型コロナウイルスの感染拡大が深刻な中国湖北省武漢市では、突貫工事で病院を新設したり、体育館を臨時病院に転用したりと治療態勢の整備が急ピッチで進む。ただ、武漢では連日1千人超の新たな感染者が確認されており、病床や医療人員の不足解消にめどが立たない危機的な状況が今も続いている。

 「病院職員に尋ねても『ベッドがない』といわれ順番を待つしかなかった」

 事実上の封鎖措置が続く武漢市の男性(25)は、産経新聞の電話取材に力のない声で答えた。男性は5日に新型肺炎と診断されたが、病院には空きベッドがなかった。感染拡大を防ぐため自宅に帰ることも許されず、病院のロビーで着の身着のままで丸1日を過ごした。6日にようやく、新設の臨時医療施設に入ることができたという。

 武漢の治療態勢は危機的な状況が続き、当局も患者の受け入れ人数の拡大を急ぐ。ベッド数が約1千床の「火神山病院」を突貫工事で完成させ、4日から治療を開始。地元紙・長江日報(電子版)によると、2カ所目となる「雷神山病院」も、8日の治療開始を目指して作業を進めている。

 また、市内の体育館や会議場などを臨時医療施設として整備。国営新華社通信によると、計約1万床を増設し、主に軽症患者を収容するという。広々とした場所に多数のベッドを並べる形がとられている。

 医療施設ができても医師など医療人員も足りていない。6日に臨時施設に入った男性も、初日は脈拍などの検査を受けただけだという。「開設されたばかりで医者もこれから来るそうだ。いつ治療が始まるか分からない」と打ち明ける。

 中国国家衛生健康委員会によると、感染者の致死率は4日時点で中国本土で2・1%なのに対し、湖北省では3・1%、武漢では4・9%に達する。治療態勢の立ち遅れが、致死率を押し上げているもようだ。中国当局は湖北省支援のため医療チーム約2千人の追加派遣を決めるなどしているが、治療態勢の整備は喫緊の課題となっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ