PR

ニュース 国際

有本恵子さんの母、嘉代子さんが死去 94歳

有本嘉代子さん
有本嘉代子さん

 北朝鮮による拉致被害者、有本恵子さん(60)=拉致当時(23)=の母の嘉代子さんが3日に亡くなった。94歳。

 1983(昭和58)年、英国に留学中だった三女、恵子さんが行方不明になる。5年後の88年9月、スペインで80年に消息を絶った拉致被害者、石岡亨さん(62)=同(22)=から札幌市の実家に手紙が届き、恵子さんが石岡さんらともに北朝鮮で暮らしていることが判明した。

 平成14年3月には、日航機「よど号」を1970年3月に乗っ取り、北朝鮮に渡った共産主義者同盟赤軍派のメンバーの元妻が恵子さん拉致に関与したことを告白。仕事を斡旋(あっせん)するという名目で恵子さんを誘い、デンマーク・コペンハーゲンでよど号犯メンバーの魚本(旧姓・安部)公博容疑者=結婚目的誘拐容疑で国際手配=らに引き渡したことを明らかにした。

 恵子さんの父、明弘さん(91)とともに精力的に救出活動に取り組み、拉致問題の解決を訴えていたが、近年は体調の不良を訴えることが多かった。今年1月から入院していた。

 金正日(キムジョンイル)総書記が日本人拉致を認めた平成14年9月17日の日朝首脳会談で、北朝鮮は恵子さんについて「1988年11月に死亡した」と説明。死亡を裏付ける証拠は全くなく、日本政府は恵子さんら拉致被害者の即時帰国を求めているが、帰国はかなっていない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ