PR

ニュース 国際

武漢の医師ら疲労限界 病院完成間近も人員・物資の不足深刻

1月30日、中国・武漢で建設が進む新型肺炎の専門病院(新華社=AP)
1月30日、中国・武漢で建設が進む新型肺炎の専門病院(新華社=AP)

 【北京=三塚聖平】新型コロナウイルスによる肺炎の「震源地」となっている中国の湖北省武漢市で、医療物資の不足など医療関係者の苦境が続いている。病院では診察を待つ人たちが長い行列を作る様子が伝えられており、連日連夜、対応に当たる医師や看護師の疲労は限界にきている。

 武漢では専門病院の建設を突貫工事で進めているほか、各地から6千人超の医療団が湖北省に応援に入っているが、初動の遅れを挽回できずにいる。

 「40日以上も家族に会っていない」

 中国版ツイッター「微博」では、武漢市内の病院で泊まり込みで治療に当たる医師の様子が投稿されている。次から次へと押し寄せる患者への対応で睡眠もままならず、病院内の床や椅子でわずかな休息をとる看護師の写真も目立つ。

 精神的な負担も増している。「こんなにたくさんの患者がいて、自分はどうしたらいいっていうんだ!」と情緒不安定な様子で叫ぶ医師の姿を香港紙は伝える。医療関係者の「精神崩壊」が問題となり、中国政府も心理専門家の派遣といった対応をとっている。

 武漢では医療物資も不足しており、徐洪蘭副市長は1月31日の記者会見で「マスクや消毒液など医療物資の供給不足に依然直面している」と苦境を訴えた。湖北省の王暁東省長も「医療物資は医療人員の武器であり、武器がなければ戦えない」と強調している。

 中国メディアは、新型肺炎感染者の致死率は全国で2%程度だが、武漢では約5・5%に上るという専門家の見方を伝えた。治療態勢が整っていないことが、武漢での致死率を押し上げている可能性もある。

 一方、中国当局は医療機関の整備を急ピッチで進めている。現在、武漢では新型肺炎患者の治療を目的に2カ所で専門病院が建設中だ。中国紙によると、2月2日と5日の完成を目指しており、ベッド数は計2500床程度になる。プレハブ式などで短期間で工事を進めているとみられ、院内感染の防止策なども十分にとられているという。

 1月30日までに6千人超の医師らが湖北省に応援に入ったほか、各地から医療物資が続々と届いていると報じられている。ただ、武漢では31日だけで新たに576人の感染が報告されており、治療態勢の整備が感染拡大のペースに追いつくかどうか、時間とのギリギリの戦いが続いている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ