PR

ニュース 国際

新型肺炎、「緊急事態宣言出すな」 中国が圧力と仏紙報道

握手する中国の習近平国家主席(右)とWHOのテドロス事務局長=28日、北京の人民大会堂(共同)
握手する中国の習近平国家主席(右)とWHOのテドロス事務局長=28日、北京の人民大会堂(共同)

 【パリ=三井美奈】中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎について、30日付のフランス紙ルモンドは中国政府が世界保健機関(WHO)に対し、緊急事態宣言を出さないよう圧力をかけたと報じた。

 WHOは22、23日の緊急委員会で、「国際的に懸念される公衆衛生の緊急事態」の宣言を行うかどうかを議論した。同紙によると、日米中仏などの委員や顧問の計21人に加え、オブザーバーとして中国などの大使が会合に招かれたとみられる。その場で、中国代表が「宣言は問題外」だと強く主張したという。

 緊急事態が宣言されると検疫強化や渡航制限などの措置がとられ、経済的な影響が大きい。同紙は、「中国の強い反対を受け、政治的配慮が科学論議に勝ったようだ」と評価した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ