PR

ニュース 国際

救急車待機の中、到着の第2便 防護服姿の関係者も 羽田空港

羽田空港に着陸した中国・武漢から避難する邦人を乗せたチャーター機。左下には防護服を着用する関係者の姿が見える=30日午前、羽田空港(川口良介撮影)
羽田空港に着陸した中国・武漢から避難する邦人を乗せたチャーター機。左下には防護服を着用する関係者の姿が見える=30日午前、羽田空港(川口良介撮影)

 新型コロナウイルスによる肺炎が発生した中国・武漢市を含む湖北省の在留邦人210人を乗せた全日空のチャーター機の第2便は30日午前8時45分ごろ、羽田空港に着陸した。

 約10分後には、旅客ターミナルビルから離れた位置にあるサテライトビル(別棟)に到着。チャーター機の近くには複数の救急車が待機し、白い防護服を着用した関係者が対応に当たっていた。

 搭乗者らの様子はうかがえなかった。

 ターミナルビルで国内線への搭乗を待ちながら、チャーター機の到着を見守っていた男性会社員(36)=横浜市=は「国内でも感染が広がっていきそうで心配だ」と話した。

 29日には、チャーター機の第1便で206人が帰国している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ