PR

ニュース 国際

新型肺炎 中国発症者571人に増加 死者17人 武漢市、公共交通機関を停止

北京市内でマスクを着用して警備する警察官(左)ら。中国では新型コロナウイルスの感染の拡大が続いている=22日(共同)
北京市内でマスクを着用して警備する警察官(左)ら。中国では新型コロナウイルスの感染の拡大が続いている=22日(共同)

 【北京=西見由章】中国国家衛生健康委員会は23日、新型コロナウイルスによる肺炎の発症者が同日午前0時時点で計571人確認され、死者は17人になったと発表した。重症者は95人。過去24時間で発症者は131人、死者は8人増えた。このほか感染した疑いのある事例が393人報告されており、発症者はさらに増加する可能性がある。

 一方、湖北省武漢市当局は23日、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を防ぐため、同日午前10時(日本時間同11時)から武漢の空港や鉄道駅を出発して市外に向かう航空便と列車を一時停止すると発表した。バスや地下鉄など市内の公共交通機関も運行を取りやめる。

 25日の春節(旧正月)に合わせた大型連休が24日から始まるのを前に、感染拡大源となっている武漢で市民約1100万人の移動を本格的に制限する異例の措置に踏み切った。市当局は「感染ルートを効果的に遮断し、人民の生命と安全を確保するため」と説明している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ