PR

ニュース 国際

新型肺炎 北京でマスク売り切れ 厳戒の首都に緊張走る

22日、北京市中心部では、多くの商店でマスクが売り切れていた。来店客の多くもマスク姿だった(三塚聖平撮影)
22日、北京市中心部では、多くの商店でマスクが売り切れていた。来店客の多くもマスク姿だった(三塚聖平撮影)

 新型コロナウイルスによる肺炎が、中国湖北省武漢市から各地へと発症者を広げている。武漢から1千キロ超離れた北京市でも計10人の発症が確認され、ウイルス感染を防ぐためマスクを買い求める人の姿が目立った。多くの人が帰省のため移動する春節(旧正月)の大型連休(24~30日)を間近に控えた首都に、緊張が走っている。(北京 三塚聖平、写真も)

 「マスクはもう売り切れてるよ」

 22日朝、北京市中心部のコンビニエンスストアには、同じことを何度も聞かれてうんざりした店員の姿があった。店員は「ここ数日で一気に売れた」と話す。複数の商店を見て回っても、ウイルス対策に効果があるとうたうマスクはほぼ売り切れていた。

 在庫が残っているという薬局ではレジの前に行列ができていた。予防効果が高い高性能マスクを求める人が多く、インターネット通販では価格が大幅に引き上げられた悪質なケースも報じられている。

 武漢のみで発症者数と死者が増えていた先週までは、北京ではほとんどマスク姿を見かけなかった。しかし、20日に北京でも発症者が確認されて警戒感が一気に高まった。22日朝の出勤風景を見ると半分以上の人がマスクを着用しているようだった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ