PR

ニュース 国際

【新型肺炎】中国当局の会見要旨 「春節の時期、危険度増大」「感染源は野生動物」

 現在、春節(旧正月)に合わせた移動の時期で、人々の流動性は激増しており、客観的にみて感染拡大の危険度と感染防止の難度は増大している。決して警戒心を失ってはならない。

 ■今後の対応

 情報公開と国際協力を進める。迅速で透明な発表を行う。世界保健機関(WHO)や関係国、香港、マカオ、台湾との情報交換を強化する。

 迅速に感染源と感染ルートを解明し、的確に抗ウイルス薬を開発・選別する。

 われわれには習近平同志を核心とする党中央の強力な指導力があり、中国の特色ある社会主義という制度的な優位性がある。また2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)の発生以来構築してきた充実した伝染病予防・制御システムがある。広範な人民の支持がある。われわれは感染封じ込めの勝利を得られると信じている。

 【質疑応答・春節について】

 --春節期間中、武漢から別の地域に人々が絶えず移動することで感染拡大の危険性があるのでは

 李斌氏 武漢市政府は21日、原則として、市外の人は必要がない限り武漢には来ず、武漢市民も特別な状況がなければ武漢を出ないよう呼びかけている。これにより流動性が減少し、ウイルス感染の可能性が低減される。

 【潜在的な感染者】

 --英国の研究者は2千人が中国で感染していると推計した。まだ治療を受けていない感染者がどれぐらいいるか予測しているか

 高福・中国疾病予防制御センター主任 その計算は一つの数学モデルであり、算出された中での最大数だ。事実は事実であり、理論は理論だ。現在われわれが把握している状況は、決してその科学者が計算したモデルの状況ではない。

 ■医療従事者への感染

 --医療従事者への感染が出ている

 焦雅輝・国家衛生健康委幹部 医療従事者の感染は、人から人への感染の証拠であると同時に、医療機関における感染防止の取り組みに関してウイークポイントが存在することをさらけ出している。この点については一連の措置をとった。

 ■スーパー・スプレッダーの存在は

 --SARS発生の際には、1人の発症者が多数の感染に関与する「スーパー・スプレッダー」が存在した。今回はどうか

 高福氏 われわれは新型コロナウイルスについて分析している過程にある。まだスーパー・スプレッダーが存在するという証拠は得ていないが、われわれは特に注目している。

 ■感染源について

 --新型コロナウイルスの感染源は

 海鮮市場で売買されていた野生動物だろう。最初は動物から人に感染し、さらにウイルスが宿主(人)に適応するよう変異した。(北京 西見由章)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ