PR

ニュース 国際

新型肺炎「変異と拡散の恐れも」と中国政府 死者9人、発症者440人

 【北京=三塚聖平】中国国家衛生健康委員会の幹部は22日、各地で感染が拡大している新型コロナウイルスによる肺炎について北京で記者会見を行った。これまでに計440人の発症が確認され、計9人が死亡したことを明らかにした。

 新型肺炎について、中国政府が記者会見を開くのは初めてとなる。大規模な感染拡大に歯止めをかけるための予防措置などについて説明。「ウイルスは変異する可能性があり、疫病の発生状況はさらに拡大する危険がある」と指摘した。

 昨年12月から湖北省武漢市で原因不明のウイルス性肺炎の患者が相次ぎ発生。中国当局は新型のコロナウイルスを確認したと初期段階の判定を示し、世界保健機関(WHO)も同様に認定した。初期症状は発熱や咳(せき)が中心。現時点でワクチンはなく、開発には時間がかかるとされる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ