PR

ニュース 国際

【米大統領選】上院の弾劾裁判日程、アイオワ党員集会の行方左右も 民主党候補指名争いでバイデン氏勝たせる党指導部の策略説も

民主党の大統領候補者、エリザベス・ウォーレン上院議員=19日、アイオワ州デモイン(ロイター)
民主党の大統領候補者、エリザベス・ウォーレン上院議員=19日、アイオワ州デモイン(ロイター)
その他の写真を見る(1/2枚)

 【ワシントン=黒瀬悦成】21日に本格審理が始まる、ウクライナ疑惑をめぐる米上院の弾劾裁判が米大統領選の民主党候補指名争いの行方に影響する可能性が出てきた。指名争いに名乗りを上げている候補には民主党上院議員4人が含まれているが、裁判に出席している間は選挙運動が制約され、指名争いの初戦となる2月3日の中西部アイオワ州での党員集会に向けた選挙戦で後れを取ることが必至なためだ。

 民主党の指名争いに参戦している上院議員は、バーニー・サンダース、エリザベス・ウォーレン、エーミー・クロブシャー、マイケル・ベネットの4氏。

 このうちサンダース氏とウォーレン氏は、全国支持率1位のバイデン前副大統領、中西部インディアナ州のピート・ブティジェッジ前サウスベンド市長との接戦を展開中だ。

 いずれの候補も初戦のアイオワ州で勝利し、続く全米各州での予備選や党員集会に向けて弾みをつけたいだけに、今後2週間にわたるアイオワでの選挙運動が正念場となる。

 しかし、弾劾裁判で陪審員役を務めるサンダース氏らは、開廷中はワシントンを離れることができない。仮に裁判が共和党の思惑通り2月4日の一般教書演説の前に終結したとしても、同氏らがアイオワで不利となるのは避けられない。

 サンダース氏は16日、ワシントンで記者団に「できればアイオワにいたい」と述べ、焦りをのぞかせた。

 選挙専門家の間では、ペロシ下院議長ら民主党指導部が中道穏健派のバイデン氏を党候補に仕立てたいとの思惑から、左派のサンダース氏やウォーレン氏を追い落とすために弾劾裁判の開始を引き延ばした、との見方が出ている。

 トランプ大統領も17日のツイートで、民主党が2016年の前回大統領選の指名争いでサンダース氏に不利な制度がクリントン元国務長官に勝利をもたらしたとされることを引き合いに「民主党がまた選挙操作をしている。不公平な手口だが、見ている分には楽しいね」とからかった。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ