PR

ニュース 国際

リビア停戦目指し会議 米欧、露など首脳・高官一堂に

その他の写真を見る(1/2枚)

 【パリ=三井美奈】内戦が続くリビアで停戦実現を目指す国際会議が19日、ベルリンで開かれた。ロシアのプーチン大統領、米国のポンペオ国務長官のほか、独仏首脳らが出席した。年初に米イランの対立が激化して以降、米欧とロシアの首脳・閣僚が一堂に会する初の機会となった。

 会議には、リビア暫定政権のシラージュ首相と、対立する軍事組織「リビア国民軍」(LNA)のハフタル司令官も招かれている。

 停戦をめぐっては13日、暫定政権を支援するトルコと、LNAを支えるロシアの仲介する協議がモスクワで行われたが、LNAが停戦合意の署名を見送った。

 今回の会議はメルケル独首相が、プーチン氏に呼びかけて開催が決まった。マース独外相は16日にリビアでハフタル氏と会談し、「ハフタル氏が停戦合意に従う意思を示した」と述べた。だが、LNAは17日、リビア東部で原油出荷を封鎖し、会議開催を前に暫定政府に圧力を加えた。

 メルケル氏は停戦合意を実現し、和平プロセスに道筋をつけるのが会議の狙いだとしている。欧州連合(EU)のボレル外交安全保障上級代表は17日に独誌シュピーゲル(電子版)で、武器密輸を監視するため、EUが部隊を派遣すべきだとの考えを示した。

 リビアでは2011年、40年以上の独裁を続けたカダフィ政権が崩壊。その後、暫定政権が発足したが、LNAは昨年4月、首都トリポリに向けて進軍し、双方の衝突に発展した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ