PR

ニュース 国際

上海と広東省で感染疑いか 新型肺炎、武漢は計45人に

中国・武漢市で発生した肺炎の原因とされる新型のコロナウイルスの電子顕微鏡写真(中国疾病予防コントロールセンター、GISAID提供)
中国・武漢市で発生した肺炎の原因とされる新型のコロナウイルスの電子顕微鏡写真(中国疾病予防コントロールセンター、GISAID提供)

 香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは18日、中国上海市と広東省深●(=土へんに川)市で計3人が湖北省武漢市で見つかった新型コロナウイルスによる肺炎に感染した疑いがあると報じた。感染が確認されれば、中国国内では武漢市以外で初の事例となる。

 同紙によると、深●(=土へんに川)市では2人が感染症専門の医療施設に隔離され、上海市では1人が治療を受けたという。病状などは不明。

 武漢市の衛生当局は18日、同市で発症者を新たに4人確認したと発表した。病状は安定しているという。これで同市での発症者は計45人(うち2人死亡)となった。ほかに日本で1人、タイで2人の発症者が見つかっている。

 武漢市で新たに見つかった4人は今月5~8日に発症した。同市当局はこれまでの発表で「3日以降は新たな発症者が出ていない」と説明していたため、市民の間では「新型肺炎は抑え込まれた」とのイメージが広まっていた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ